イビサクリームでiラインの黒ずみは消せる?使い方のコツと効果

iラインの黒ずみを気にしている女性

iラインの黒ずみは自分でよく見えない部分なので、きちんとお手入れしている人は少ないと思います。しかし水着で激しく動いたり、彼氏とデートの時にふと心配になることがありますよね。

普段人に見られる部分ではないので、うっかり黒ずみが進んでいることも。人気のイビサクリームはiラインの黒ずみケアに大変評価されていますが、期待できる効果や使い方について詳しくご説明したいと思います。

iラインに塗るときのコツについて

イビサクリームはもともと脱毛サロンの専売品として販売されていたアイテムで、毎日使いたいというお客さんの声により一般向けに販売されるようになりました。デリケートゾーンの悩みは人それぞれ、とくに肌の黒ずみは素敵な毎日を過ごすためにも意識したいところです。

イビサクリームでiラインの黒ずみケアする使い方ですが、一番良いのは入浴後の肌がきれいな時。デリケートゾーンは汗や皮脂、尿、おりものなど汚れが付着しやすい部分なので、イビサクリームを塗る前は必ず綺麗にしておきましょう。

クリームは塗る部位よりも1㎝程大きくカバーできる量が目安。iラインは皮膚の上で膣内に入らないようにご注意ください。黒ずみが気になる部分を5回ほどくるくると円を描くように塗り込むこと。とくに下着のゴムがあたりやすい部分はしっかりイビサクリームを浸透させてください。

oラインまで広げると効率的な美白ケアができる!

VIOは鏡で見ないと肌の状態が判断できません。下着に隠れているので安心と油断すると彼氏とデートの時にひやっとすることもあるかもしれませんよ。

デリケートゾーンの黒ずみがひどい女性は男性にはよい印象がなく、遊んでいる人だと誤解されることもあります。iラインだけでなくoラインも同様に黒ずみが自覚できないところなので、ケアするときは広範囲に広げて塗っておくと安心です。

イビサクリームはさらっと伸びやすいテクスチャーが人気、使用頻度は1日2回で塗り直しの必要はありません。oラインはイスにずっと座っている人などはとくに圧力で肌に負担がかかり黒ずみが進行しやすい環境があります。肌のターンオーバーは年齢とともに低下するので、いま黒ずみがはげしくなくても予防として使うことをオススメします。

黒ずみケアは簡単 ↓↓ /

デリケートゾーンに塗っても安心な魅力

イビサクリームはVIOや膝、ひじ、脇、顔など全身どこでも使える機能的な薬用美白クリームです。でもデリケートゾーンはとくに肌が敏感なエリアなので本当に大丈夫なのか不安な方も多いでしょうね。

イビサクリームはメラニン生成を抑制するクリームでシミやそばかす予防にも最適です。脱毛後の肌荒れやニキビ跡にも使えるようにクリームの安全性に大変こだわった商品。添加物等肌に刺激を与える成分は全く配合されていませんので、赤ちゃんでも使えるほど肌を考慮していることがイビサクリームの魅力といえるでしょう。

iラインはなぜ黒ずみやすいのか?

下着で隠れているので普段はまったく気にならないiラインですが、最近は脱毛サロン人気でVIOをやっている人も増えていますよね。サロンのスタッフが女性とはいえ、肌が汚れて見えるのは恥ずかしいと思います。

iラインは体のほかの部位よりも黒ずみやすいことはみなさん知っていますか。下着のゴムで擦れる部分で肌が刺激を受けメラニン色素が多く生成されています。また意外と乾燥しやすい部分なので肌のターンオーバーが乱れてしまうことも黒ずみの原因。

ひどい場合は下着からはみでるほど肌の黒ずみエリアが広がってしまうこともありますよね。おしゃれで可愛い下着が増えている今の時代、肌には様々な負担がかかっていることも忘れてはいけませんね。

まとめ

イビサクリームでiラインの黒ずみを消すお手入れはとても簡単で塗った後もさらっとしているので毎日快適です。効果が見えてくる時間は個人差があると思いますが、時間をかけて毎日美ボディに向けてお手入れできる方にはとてもいいアイテムになるでしょう。

コメントは受け付けていません。