レーザー脱毛の種類と特徴

永久脱毛と言えばレーザー脱毛が有名ですよね。でも、実はレーザー脱毛にも種類があることをご存知ですか?レーザー脱毛は使っているレーザーの種類・機種によって特徴があり、レーザー脱毛の種類はクリニック選びの大きなポイントになります。レーザー脱毛の種類についてご紹介します。

国内で使われているレーザーは3種類

レーザーは波長によって届く場所とメラニンに対する反応が異なり、国内で使われているレーザーは次の3種類です。

 種類  波長
 アレキサンドライトレーザー  755nm
 ダイオードレーザー  800nm
 YAGレーザー  1,064nm

永久脱毛で主に使われているのはアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーで、メイン機種はこのどちらかであることが多いようです。

国内最大の実績!アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは日本人の肌質・毛質に最も適していると言われ、代表的機種のジェントルレーズは国内で最も普及しているレーザー脱毛器だと言われています。

照射直後に毛が抜け始める即効性がアレキサンドライトレーザーの魅力ですが、痛みはやや強めです。照射口が丸いため重ね打ちの必要があり、打ち漏れリスクもあると言われます。濃く太い毛には高い効果を発揮しますが、産毛には効果が期待しにくいようです。

症例数が多いため出力調整などのノウハウが蓄積されており、安定感は抜群。湘南美容外科クリニックを始め、今も多くのクリニックで採用されているレーザーです。

シェア増加中のダイオードレーザー

 

ダイオードレーザーは波長がやや長めで、毛が抜けるまでにやや時間がかかりますが、痛みが少ないのが最大のメリット。照射口が四角いため打ち漏れのリスクが少なく、一度に広範囲に照射できることで人気があります。

人気機種のライトシェアデュエットは、世界シェアNo.1のルミナス社を代表する脱毛器。皮膚を吸引しながら照射する独自のシステムで、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。産毛に対して効果を実感しやすいのもメリットです。

最新脱毛理論に基づくメディオスターNeXT

これまでのレーザー脱毛は、毛根を破壊することで脱毛する方法が主流でしたが、毛根に栄養を与えるバルジ部を破壊する最新脱毛理論を採用しているのがメディオスターNeXTです。痛みは最も少なく、毛周期の影響を受けづらいため成長後期の毛にも効果があると言われています。

VIOに効果を発揮!YAGレーザー

波長の長いYAGレーザーは奥深くまで光を届けることができるため、根深い毛に効果を発揮します。肌の色に影響を受けにくく、色素沈着のある部位でも脱毛できます。女性のVIOなどの脱毛に適しているレーザーです。

複数の機種を導入しているクリニックも

最近では従来の機種に加えてメディオスターNeXTを導入したり、メイン機種のほかにYAGレーザーなど特徴の異なる機種を採用しているクリニックもあります。これまで難しかった色素沈着のある部位なども脱毛できる可能性があるので、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。