永久脱毛と呼べるのは医療脱毛だけ!

脱毛サロンの激安化はめざましく、現在では月額3,000円のコースなども登場しています。その一方で、脱毛サロンから永久脱毛への乗り換えが増えているのも事実。でも、そもそも脱毛サロンと永久脱毛はどう違うのでしょうか。永久脱毛の定義とサロンとの違いについて見て行きましょう。

永久脱毛の定義とは

永久脱毛については、米国電気脱毛協会(AEA)が「脱毛後1ヶ月経った時点で毛の再生率が20%以下」と定義したのが始まりです。日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)では「レーザーを3回照射した後、6ヶ月経ったとき67%以上の毛が減っていること」を条件としており、この基準をクリアした脱毛器だけに認可が与えられます。

つまり永久脱毛とは「脱毛後に大幅に毛が減ることで、その結果、永久にムダ毛処理が必要がなくなること」だと言えます。

脱毛サロンが永久脱毛と呼べない理由

体毛は毛周期と呼ばれる一定のサイクルで生え変わります。毛が抜けても毛母細胞が残っていれば、再び毛が生えて来るのです。永久脱毛のためには、毛母細胞を破壊して、毛周期をストップさせる必要があります。

毛母細胞を破壊することは医療行為にあたり、医療機関でしか行うことはできません。脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と原理は同じですが、毛母細胞にダメージを与えるだけで破壊することはできず、数年後には毛が生えて来てしまいます。再びムダ毛処理が必要になってしまうため、脱毛サロンは永久脱毛とは言えないのです。

永久脱毛の種類

永久脱毛には、現在主流となっているレーザー脱毛の他、ニードル脱毛(絶縁針脱毛)があります。

ニードル脱毛は毛穴に絶縁針を刺して電流を流すことで脱毛する方法で、100年以上の歴史を持ち、最も確実な永久脱毛だと言われます。その一方で痛みが強く、費用・時間がかかることから、現在では痛みが少なく一度に広範囲の脱毛が可能なレーザー脱毛が主流となっています。

現在、ニードル脱毛が行われるのはレーザー脱毛できない部位や白髪などの脱毛に限られ、レーザー脱毛の補助として行われることが多いようです。

自分に合った方法を選ぼう

脱毛サロンでは毛母細胞を破壊する施術は行えないため、永久脱毛と呼ぶことはできませんが、痛みが少ないこと、脱毛以外のエステ効果が得られることなど、多くのメリットがあります。永久脱毛と脱毛サロンはどちらがいい・悪いと言うものではなく、費用対効果や通いやすさなどで総合的に判断し、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

コメントは受け付けていません。