医療レーザー脱毛で肌トラブルが起こることはない?

永久脱毛を受けたいけれど、取り返しのつかないような肌トラブルが起こるのではないか、と不安です。肌トラブルのリスクは全くないのでしょうか?

残念ながら、100%、肌トラブルが起こらないと言いきれる脱毛方法はありません。人の肌質や体質というのは個人差が大きいものですので、「お肌が弱くて脱毛の施術が合わなかった」「思わぬアレルギーが起こってしまった」といったことも、起こり得るのです。

ですが、永久脱毛と呼ばれる方法の中でも、クリニックで行われる医療レーザー脱毛は、比較的、安全性が高い方法として知られています。肌トラブルのリスクが低く、しかも万が一のトラブルが起こった場合には、医師による迅速な治療が受けられますので、安心できる永久脱毛と考えることができるでしょう。

自己処理でも黒ずみや埋没毛などのトラブルが起こっていることを考えれば、プロによる永久脱毛と呼ばれる方法は、自己処理よりも安全で安心な方法と言えますね。

肌トラブルが起こった場合の対応に力を入れているクリニックを選んでおきましょう。

永久脱毛で起こり得る肌トラブルいろいろ

「安全性が高い」「医師による施術だから安心」といったメリットのある永久脱毛の1つ、医療レーザー脱毛ですが、この方法でも肌トラブルが起こるリスクは0ではありません。では、具体的にはどういった肌トラブルのリスクがあるのでしょうか?これを知っておけば、もしもの時にも冷静に対処しやすくなりますね。

永久脱毛を受けた後の赤みや火照り

多くの方が医療レーザー脱毛を受けた直後に経験するのが、赤みや火照りという症状です。これ自体は、特に「肌トラブル」というほどのものではなく、自然に起こる現象の1つと言えます。

ですが、あまりにも赤みや火照りがひどかったり、長引いたりしてしまうと、炎症が起こってくる恐れがあります。そういった場合には、しっかり対策していく必要があります。

赤みや火照りがある時の対処法としては、

  • しっかり冷やすこと
  • 入浴・運動・飲酒はしないこと
  • 刺激を与えないこと

が大切です。

医師に相談すれば、赤みを抑えるための薬などを処方してもらえますので、不安な場合は、すぐに相談してみましょう。

永久脱毛を受けた後の色素沈着

お肌をキレイにするために受けたはずの脱毛で、色素沈着が起こってしまうという残念な結果になる方もいます。これには、いくつかの原因が考えられます。

  • 脱毛後のお肌に紫外線を浴びた
  • 脱毛後にデリケートになったお肌を掻いた
  • 脱毛後のお肌をゴシゴシこすった

脱毛後のお肌は色素沈着が起こりやすい状態です。そんな時に、強い刺激を与えてしまうと、色素沈着と言われる状態が起こりやすくなるのです。

もし脱毛した部分に色素沈着が起こってきた場合は、すぐに施術を受けたクリニックに連絡して、症状を診てもらいましょう。また、色素沈着を起こさないためにも、施術後の刺激には十分に注意したいですね。

永久脱毛を受けた時の火傷

永久脱毛による肌トラブルで、特に注意が必要なのは火傷です。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛と言われる施術では、高温の熱を使ってメラニン色素だけを狙い撃ちし、ダメージを与えています。

ですが、お肌にメラニン色素を含む色素沈着やホクロなどがあったり、ひどい日焼けをしてしまっているような場合には、誤ってお肌に高温の熱によるダメージを与えてしまう恐れがあります。

火傷を起こしてしまった場合、これは放っておけば治るとは限りません。悪化させてしまうと、傷跡が残る原因にもなりますので、早急に治療を受けましょう。

コメントは受け付けていません。