永久脱毛を受けている間は紫外線対策を徹底!

紫外線がお肌に与えてしまう影響については、とても有名な話となり、多くの女性が年中意識して紫外線対策をしていますよね。そんな紫外線対策ですが、永久脱毛を受けている期間中には、より徹底したケアをしておく必要があるのです。

日焼けすると脱毛不可に!

まず永久脱毛中に紫外線を避けなければならない理由として、大きいのは「脱毛が受けられなくなる可能性があるから」です。

日焼けをすると、

  • 肌トラブルのリスクが高まる
  • 効果が得られにくくなる

といったデメリットが出てきます。

日焼けは軽い火傷のような症状ですから、そのようなダメージを負っているお肌に、レーザーを照射するのは危険と判断される場合が多いのです。もし軽度の日焼けで、施術可能と判断された場合であっても、肌トラブルを回避するために出力を弱められたりしてしまいます。これではせっかくの効果も得られにくくなりますね。

日焼けで色素沈着するかも!

医療レーザー脱毛は基本的には安全性の高い脱毛方法として知られていますが、100%トラブルなしで脱毛できる方法ではありません。起こりうるトラブルとして考えられるものの1つが、色素沈着ですね。

この色素沈着については、脱毛を受けた後に、その部位に紫外線を浴びてしまうことで起こるリスクが高まると言われています。せっかく脱毛してムダ毛を減らすことができても、シミのような色素沈着が残ってしまうのでは、キレイになったとは言えませんよね。

そんな困ったトラブルを残してしまうことが無いよう、施術前だけでなく施術後も、徹底した紫外線対策が重要となるのです。

永久脱毛中の紫外線対策

では、永久脱毛中には具体的に、どういった紫外線対策をしていけば良いのか気になるところですね。

ポイントとしては、

  • 紫外線の強い時間帯の外出を避ける
  • 衣類で脱毛部位をできるだけ覆う
  • 低刺激な日焼け止めを使用する

といったことが挙げられます。

日焼け止めの使用は特にポピュラーな方法ではありますが、高い数値で紫外線をカットするものほど、刺激が強かったり、お肌を乾燥させてしまう傾向もあります。その日の紫外線量や過ごし方に応じた数値の、できるだけお肌への負担が少ない日焼け止めを厳選し、使っていくことが大切ですね。

また、UVカット効果のある衣類などもありますので、そういったものを上手に活用しながら、脱毛部位に紫外線を浴びさせない工夫を徹底していきましょう。

コメントは受け付けていません。